第32回国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催!

2004年に同会国際大会3議が京都で開催されてから13年目。4月26日から29日まで、同じ京 都で開催されました。

2006年の若年認知症グループどんどんの、立ち上げのきっかけとなった意義深い 会議でした。今年度は、70か国3000~4000人の参加者があったとのこと。どんどんを立ち上げた親団体の川崎市 認知症ネットワーク代表、NPO川崎市認知 症ピアサポートセンター副理事長と共に、この歴史的な会議にどんどん代表も行って 来ました。

認知症の科学的知見、治療、予防、ケアの取り組み、災害、経済、人権、教育、コ ミュニテイ、施策等多彩 な角度からの研究発表・報告を各会場で開催。今回大きな特徴は、各国からの認知症 当事者の登壇が非常に多かったという事。日本からもJDWG(日本認知症ワーキング チーム)メンバーや、地方の当事者夫妻など多くの人がスピーチ。本人視点での発表 が印象的でした。

会議の準備や当日の対応を、認知症当事者の方が担っていたのにも 感動。13年前とは世界的にも取り組みが大き国際大会4く変わってきたのと、日本も研究や実践 は進んで来た方だということでしょう。

とは言え、一方でどこの国も日本でもまだ病 気への偏見は依然存在しているようです。認知症当事者が、地域で認知症とともに生 きることを軸にして、周りの人達がどう付き合い、何をしていけばよいか、にヒント をくれた会議となったのではと思いました。これからも認知症介護の在り方が さらに変わっていく予感がします。明日は我が身!

4月総会

いよいよ新年度が始まりどんどんの最初の集まりでした。例年同様、昼食をはさみ、午前総会、午後家族懇談とDVD鑑賞会。平山さん主役の、川崎市ブランディングムービーを皆で見て拍手!

この日の参加延べ人数は38名。毎月定例会の担当当番2名をお願いしてますが、皆さ ん協力。また平成26年度から実施の特養の喫茶活動が、今年度より第2日曜日に変 更。新たにサポートの協力者を募ったところ、次々申し出があり感激! 隔年実施の 1泊研修旅行は、伊豆長岡温泉に決定4月総会

昨年度はいろんなことがあった年でした。 今年度新たなスタートを切りました。いい事いっぱいありますように。

外出レクリエーション・3月は東芝未来科学館見学

kimg0776.jpg学校では春休み真っ只中の28日。まずはランチを、日航ホテル地階の中華レストランで点心コースを たっぷり食べ、川崎ラゾーナ隣接の科学館に出かけました。

館内は大勢の小学生でにぎわって、体験コーナーも行列状態。シニア世代の我々は 混雑を避けてリニアモーターカー似の実験や科学ショーを見学。昭和を知る人には懐かしい手回 しローラーしぼりの付いた洗濯機、信じられない分厚さのチャンネル式テレビ、文字盤が超立体的な ワードプロセッサー、等々の展示もあり、結構楽しめました。

写真はこれまた珍しい電動でない、からく り人形の実演。湯呑を  手に乗せると歯車が回って運んでくれます。川崎市内にこういう場所もあったのか と、再認識した半日でした。

2月は昼食作り

ひな祭りが近いこともあって、ちらし寿司、ハマグリお吸い物、のらぼうお浸し、食後には蒸し饅頭のデザート、の豪華メニュー。

30人分しかない食器やスリッパ、椅子も足らない状況の参加者増。家族も一緒に活動。当番が下準備してくれたおかげでスムーズに進行。みんなでわいわい言いながらのお昼ご飯を楽しみました。後から作った蒸し饅頭もおいしかった! うっかり写真取るのをを忘れたほどでした。作って食べるプログラムは何回あってもいいね、という声も聞けました。次年度考えましょう!2月料理

川崎市ブラン ディングムービー「COLORS」にどんどんメンバー主演

 

川崎市企画の「川崎市ブラン ディングムービー」にどんどんメンバー平山恵一さんが主役出演され、このほどDVDが完成!市内で公開中です。特に、南武線トレインチャンネル(車内モニター)で20分おきに放映しています(3/26まで)

ぜひ下記の川崎市HPでご覧ください(ショートバージョン30秒、フルバージョン2分37秒)

http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000085088.html

フルバージョンでは平山さんのコメントも収録されています。

なお、YouTubeでショートバージョン(30秒)を公開中です。
https://www.youtube.com/watch?v=2Uj314p5aZ0&feature=youtu.be (動画)

平山さんビデオ平山さんビデオ2平山さんビデオ3

川崎市認知症ネットワーク20周年記念懇親会 開催

どんどんの親団体でもある川崎市認知症ネットワークが20周年を迎え、お祝いの会が2月1日開催されました。どんどんからも数名参加。おりしもどんどんも10周年となり、他の団体とともに活動のプレゼンテーションをしました。終始和やかに進められ、会食後はお楽しみのビンゴ大会。景品の一部にどんどんの自主製品も活用され、それぞれ楽しんでくださいました。

認知症を隠す時代だったころ、全国でも先駆的に始めた活動は、長い年月を積み重ねて大きく認知症の認識を変えてきたと言っても過言ではないでしょう。支える人たちがいてできる活動―どんどんもそのことをかみしめながら、メンバー、家族、サポーター、ご一緒にこれからもがんばって行きましょう!

RUN伴 認知症啓発プロモーションビデオ撮影

まだ冷え込みの厳しい1月、28,29日の2日間にわたり、昨年9月実施のRUN伴にちなんだ、川崎市独自のプロモーションビデオ撮影が行われました。
ビデオのストーリーは、RUN伴に参加した認知症の人が途中で道に迷い、関わった地域の人達(親子、車いすの小学生や、中学生、ダンサー、障害作業所のメンバー、元気なシニア女性)に助けられ、RUN伴参加者の待つ多摩川のゴールをめざし無事ゴールイン!
コンセプトは認知症になっても、障害があっても、地域の人達との交流で笑顔で暮らしていける事を啓発する作品です。 撮影場所は川崎市内の岡本太郎美術館の母の塔、生田緑地、早野の田園、川崎チネチッタ、時代先端を行く武蔵小杉の街並、由緒ある日枝神社など、川崎の地域の特徴を生かした場所で実施されました。
川崎市認知症ネットワークも 代表はじめ、エキストラ参加者を募り、若年認知症グループどんどんからも主役参加。本格的な撮影は初めての体験者ばかりの中、出演者同士 和やかな雰囲気で交流、 監督の細かい要求にも出演者が一生懸命応える姿、笑顔が素敵でした。
寒さと予定オーバーの時間割にとまどい 過ごした2日間。
完成作品の上映時間はほんの数分の予定!・・・ 市内放映期間は 3月第2週から約2週間で、JR南武線内のビデオモニター20分毎に1回流れ、川崎駅のアゼリア大画面でも放映されます。
みんなの笑顔をぜひご覧ください。